読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万華鏡の世界

自分と自分と時々君

深い仲とは

考えていること、考えたこと

深い関係とは何を以ってそう呼ぶんだろうか。

私は誰かと深い仲になったことがあるんだろうか。

なんでも話せる関係が深い関係だとするのなら、私は誰か一人に対してなんでも話せた試しがないため、深い関係を築けずに今日まで過ごしてきたことになる。

しかし、そんなに深い仲というのは良いものなんだろうか。まるで憧れない。

ツイッターでも言ったように、私は皆の心の片隅にいて、たまにどうしているのか気にしてもらえるだけで充分だ。というより、それが理想的だ。

皆とそういう関係であって、時々誰かから「最近どうしてる?」とか「ちょっと悩みが…」とか「こんな嬉しいことがあったよ」とかぽつりぽつりと呟きや関心のようなものがもらえるのが理想的だ。

関心はほどほどに欲しいが、あまり干渉されたくないのかもしれない。

魅力的な人がいれば仲良くしたいとは思う。でもそれは友達以上の関係を想定していないし、仮にそういう関係を求めたところで「友達以上ってなんだろ?」という話になる。

私の友達の定義はかなり甘く、一回遊んだら友達という感じになる。友達以上の関係の定義は今のところ「互いの面倒な部分を背負う」といったことが挙げられるがイマイチ釈然としないままである。

関係性には名前がついているが、それはあくまで便宜的なものだと思う。しかし、恋人というのは特殊で、その名前がついていると他の異性と遊ぶことが許されないケースが多い。私は本当に恋人を恋人とするのなら、その名前に頼ることなく深い関係を築いてみせよと思う節があるのだが、大抵の関係は名前があることによって「深い仲」になっているように見えているだけなのではないかと思っている。つまり名ばかりで内容が伴っていないことも多い。

ここまで書いておいてなんだが、あまり関係性における深さについて考えたくはない。考えたところで不毛な気がするし、それぞれの関係性は微妙に少しずつ違っているから名前をつけるのも馬鹿らしい、どうせつけるなら一つずつ異なる名前をつけるぐらいしても良い。

人と仲良くなりたくないわけではない。仲良くはなりたいが、それは楽しく話していられれば充分であって、その人のすべてを理解してみせる等とは思わないし、思っていたとしてもそれは自分の問題であって、相手にとってどうなのかや、相手にもそれを求めてほしいだとかは考えたくはない。

ただひたすらに受け入れていたいし、その人を浴びて感じていたいだけだ。