読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万華鏡の世界

自分と自分と時々君

やりとり

勝手に期待して、期待が裏切られて苛立ちを覚えた。

誤解だよと人はいうが、誤解でもなんでもなかった。

単に私はその人々にとって存在しなかったのだ。

その程度だっただけの話。

それは一向に構わない。

ただ、それを人は何故か隠そうとした。

それが全く許せないのであった。

何故偽善者振るのだろうか。一体何のために。

 

ある人はメッセージカードを添えたプレゼントを渡してきた。

心の篭った演出だな。嬉しいものである。

しかし、その文章の型を見るなり、以前他の人に贈った時のメッセージとほぼ同じ型をしていたことに気づき、呆れた。

中途半端なことをするぐらいなら始めからメッセージカードなんてよこすな、と思った。

私はメッセージカードを渡さなかった。きっとそれで正解だったと思う。

 

人が偽善者振るのは相手のためでなく、自分自身のためなんだろう。

しかしそんな見栄のために私を巻き込まないでいただきたい。

そう切に願う。